2006年02月06日

広田梅林&八木のしだれ梅

2月下旬から3月上旬にかけてほのかな甘い香りが漂う梅の名所が、
南あわじ市
広田梅林です。

島内随一の梅の名所として知られ近隣の県からも大勢の見物客が訪れにぎわいます。

また、八木天野馬廻の(村上邸)「しだれ梅」も梅の名所として特に有名です。

しだれ梅


広田梅林


南あわじ市広田梅林は、島内随一の梅の名所として知られ近隣の県からも大勢の見物客が訪れにぎわいます。



南あわじ市の緑庁舎近辺の大宮寺の裏山にあり、
毎年2月中旬〜3月中旬にかけて12種約450本の梅の花が咲き誇りあたり一面は、
梅のほのかな香りがただよいます。

隣接している淡路88カ所第7番霊場大宮寺とともに、春先の観光地として人々に愛されています。


淡路島観光|あわじウェブドットコム







posted by hide at 22:43 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路島情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。